HOME > 高山市 「飛騨国分寺」 ~大イチョウ~

高山市 「飛騨国分寺」 ~大イチョウ~

撮影日:2011年11月22日

飛騨国分寺の大イチョウは、樹齢推定1250年の雄木で国指定天然記念物です。たくさん垂下する気根(空気中に出る根)を乳房に見立て、「乳イチョウ」とも呼ばれています。根元に子育地蔵尊が祀られており、乳の出ない母親がここでお参りをするとよいと言われています。昔から、「国分寺のイチョウの葉が落ちれば雪が降る」とも言い慣らされています。

カテゴリ 観る・知る
ロケ地 高山市総和町1-83 飛騨国分寺
エリア 飛騨
季 節
再生回数 35回

ロケ地マップ

コメント(facebook)

最近観た動画