HOME > 遊ぶ・体験する > 岐阜県とmore treesとの包括的事業連携協定の締結

遊ぶ・体験する

岐阜県とmore treesとの包括的事業連携協定の締結

撮影日:2012年03月23日

岐阜県において土地の82%を占める森林の割合は国内2位。

この豊かな森林資源を活用するべく、平成24年3月23日 音楽家の坂本龍一さんが主宰する森林保全団体「モア・トゥリーズ」と岐阜県は「都市と森とをつなぐ交流モデル」の構築で包括的事業連携協定を締結しました。

協定調印式に先立ち、more trees(坂本龍一代表理事)と岐阜県 古田知事が中津川市加子母地内の「more treesの森」を視察。

続いて、地元の地歌舞伎の芝居小屋「明治座」で役者たちによる「お祝い口上」を観覧したあと、調印式に臨みました。

岐阜県とmore treesが「都市と森とをつなぐ交流モデル」の構築で包括的事業連携協定を締結。

次にmore treesと東白川村森林組合・加子母森林組合が「森林づくりパートナーシップ基本協定」を締結しました。

今後岐阜県とmore treesは、地場商材をブランド化して都心や海外に販売するほか、環境省の制度で企業が排出する二酸化炭素(CO2)と森が吸収するCO2を相殺(オフセット)し、クレジットを発行・売買する「カーボン・オフセット」のマッチングを進めていきます。

また岐阜県内の旅館やホテルとタイアップして、間伐材を利用した旅行商品の販売、岐阜県の自然・健康・癒しなどをテーマにした「環境配慮型ツーリズム」の商品化、チップ材の製紙会社への売り込みなどを計画することにより、国内外での波及効果が期待されます。 

【more trees】(坂本龍一=代表理事)
国内外での森林事業をはじめ、植林や保全、企業が排出するCO2と森が吸収するCO2を相殺し、クレジットの発行・売買する「カーボン・オフセット」のサービスの提供、間伐材を使ったアイテムの企画や加工・販売などを行っている。

カテゴリ 遊ぶ・体験する
ロケ地 中津川市加子母
エリア 東濃
季 節
再生回数 84回

ロケ地マップ

コメント(facebook)

最近観た動画